最新のビジネスシーン

パソコンや携帯からスマホの普及など、私達の通信環境の急激な変化そして進化は、ビジネスのスタイル自体を根底から大きく変えた事は、皆さんもご理解の通りです。
何より着目すべき変化として、それまで当たり前だった「所属勤務先に出勤して仕事するのが当たり前」という概念すら、その限りでは無くなった事が挙げられます。

いわゆるアナログの世界では、私達人間同士が直接意思疎通を交わし、いわゆる手作りの資料を用いて情報を共有し、遠方の第三者とのリアルタイムでのコミュニケーションツールは固定電話に限られていました。
速攻性が求められる画像に関しても、撮影したフィルムを特急バイク便で運び、現像から配布する過程に必要な時間のカットは不可能でした。
ファクシミリこそ普及していましたが、送受信可能な画質や容量には自ずと限界が有り、ビジネスシーンの重要ツールの配信は技術的に困難でした。

これら諸々の限界を一気に払拭したのが、インターネットの普及である事は語るまでもありません。

瞬時に全世界で同一のあらゆる情報の共有が可能となり、いわゆるタイムラグが激減したのです。
加えて携帯電話からスマホの普及は、コミュニケーションを取りたい相手に対し、24時間いつでもダイレクトに打診可能な環境を構築してしまいました。
こうした通信情報網の充実は、旧来の「定時に出社して残業に追われるのが当たり前の勤務スタイル」自体をも大きく変化させました。
在宅勤務では相手の顔も生の声も直筆の文章も見聞きする事無く、パソコンの画面に映し出される文字だけをコミュニケーション手段とするビジネススタイルが構築されています。

Copyright © 2014 変わりつつあるビジネスの世界 All Rights Reserved.